スポンサード リンク

2017年7月24日月曜日

dCS Rossini Vivaldi 専用オプション高級リモコン



 dCS Rossiniを導入してから数ヶ月が経ちまして
あの威圧感が何だったのかすら忘れたこの頃。

 これがオーディオこれがデザインと言わんばかりに至れり尽くせりな完成度に惚れ惚れしていたと言うのが導入まで、
しばらく使っていくとやはり少しの使い勝手の悪さを感じることがある。

 Rossiniの操作は、ほぼすべてiOS上で行うことが出来る
それは音量調整やUSBメモリに入った曲のプレリスト作り
スリープや完全なシャットダウンまでも…

 現在LUXMANのプリアンプのボリュームを固定して
Rossiniでボリューム調整を行っている。
音量をちょいと下げたいそんなときにちょいと面倒がある。

ただiOSというのがややくせ者で、iPadやiPhoneをスリープから立ち上げて
Rossiniのappを開き、ボリュームコントロールやソースの切り替えを行うのだけど、
どうしても携帯端末特有のラグが存在する。
うちの場合はほぼiPadでの操作なので蓋を開けてロック解除して、、、

右側の本体にぐいっと身体を伸ばしてボリュームのノブを回せば良いとか…
普通にiPadで操作できるのにそれでいのではないかとか…

しかし、アナログリモコンがあれば、ちょいと指を出して押すだけなのだ。
こんな簡単なことはない。

こんなことを言っていてはアナログファンにトーンアームでどつかれそうではあるが
一度便利な物を使ってしまってはもう戻れないようである。

そんなので以前から気になっていたRossiniのリモコン。
太陽インターナショナルのHPには別売りで販売すると書いてはあるが
HP内を探しても写真どころか値段すらも書いてない。

一体どんな物なのか、海外サイトを漁っていたらそれらしき物があった。


アルミ削りだしっぽい風貌のやけにカッコイイリモコンだ。

早速F社へ出向いて、Rossiniのリモコンの話をすると
太陽社長の内田氏に繋がった。

曰く、「ティッシュボックスくらいの大きさで、価格は10万円税抜き」だという。
この話をするとほぼすべての人が要らないと言うらしい。

しかし、ここで引き下がるわけにはいかない。例え10万円しても
アナログリモコンが使えるという便利さには抗えないのだ。

とりあえず話をつけて日本に一台だけ?という太陽社長内田氏の私物、
dCSリモートコントローラーを借りることにした。


スポンサード リンク