スポンサード リンク

2016年7月13日水曜日

新時代のDACの能力 ESOTERIC D-02X 音質レビュー



 ESOTERIC D-02Xを導入してから1週間も経っていないけれど、
確認で音だしした時点ではっきりとこれは違うと断言できるような進化を感じたので
ファーストインプレッションを軽く書き留めておく。

 試聴も大してせずに安心のESOTERICを選んでしまったのだけど
良い意味で自分の期待をあまりにも大きく裏切ってくれた。

D02からD02Xの変化はおそらくDACであるチップの変化が要であろう。
他にもトラポとの接続がiLinが廃止されてHDMIケーブル二本での接続が推奨されるようになり
細かなところでは基板下のボディにスリットが入っていたり付属の電源ケーブルも見直されていたり。
音質以外にもパネルが有機ELになり精細な文字表示が出来るようようになった。


ただし、有機ELはGrandiosoでも搭載されているのだけど、
ずっとつけておくと簡単に焼き付くらしいのでかなり注意が必要だ。
それでも分かっているのかオートパワーオフや液晶の表示を10分で切る設定が加わっている。

DACのパネルはプレイヤーと違い常に見るような物ではないにしても真っ暗なのはやや寂しい気がする。
青白く光っていてこそエソのプレイヤーじゃないかなと思う。
Grandiosoでは電源個体は青色LEDでさりげなくライトアップされていたりする。

他にも、いままであまりにもでかく重すぎたリモコンがコンパクトになり
非常に操作がしやすくなっている。


 カタログをみて分かるような説明をつらつらするよりもやはり音についてしっかり書きたいと思う。


2016年7月11日月曜日

ESOTERIC D-02X導入 アレも追加したゾ






 今年も異常気象が猛威をふるい、辛く慌ただしい日々を送っていた今日この頃。

F社にMacBookProを持っていって
CD再生のP02+D02と、MBP&オーディルバーナ D02Xの比較試聴なんてのを計画していました。

 体調があまりに優れなかったのと、他の用事でスケジュールに余裕がなかったので
まともに試聴することなくD02Xの購入に至りました。
型番が変わっただけで最新モデルに買い換えちゃうアキュフェーズのおじいさんたちを笑えない状況です。


 P-03 +D-03を導入したのが2013年の12月。
SACDトラポとしては大変優秀だったのですが、
PCトラポではどうやっても刃が立たないような鉄壁な差がありました。

これまで、OSがwin7からMAC OSXへ移り、PCオーディオの絶対的な音質向上を期待していたのですがそれほどでもなく、
IsoTekやオーディルバーナプラスの導入など着実に音質向上していきました。
それでも、SACDトラポのP-03と勝負できるようような音にはなりませんでした。


 しかしながら、この頃気がかりになっていたのは、近年、よく聴く曲にハイレゾが増えだしてしまったことで物理メディアを持っていない曲がかなり増えてしまったことが上げられます。
一時期はCDに固執してCD優先で集めていた頃もありましたがここのところはハイレゾ主体です。

 アニソンを聴く場合に限り、CDトランスポートで聴くよりもハイレゾ用マスタリングが成されている
ネット配信のみで販売されているハイレゾが最も音が良くその上買いやすい
 さらには、日常生活の9割がiTunes+Remoteアプリでのずぼら再生になってしまったこと
そんな事情があり、この頃のディスク再生は激減していました。

 ただし、クラシックやその他の音楽に関しては未だに追熟したとも言えるSACDを絶大に信頼しておりCD再生を完全に切り捨てる勇気はありません。


 そうなると今の環境をある程度維持しつつ、PCオーディオの絶対的な強化が望まれます。
今年1月に行われた試聴会では、いくつかDACないしはプレイヤーを候補に挙げていました。

マージング NADAC
dCS Rossini Player
ESOTERIC P02X+D02X Grandioso C1 D1
MSB Universal Transport + analogue DAC
CH Precision C1 D1
SACDも再生したい、低コストに抑えたい、PCでの再生も高い水準で再生させたい
コンパクトに納めたい、アフターケアの心配がない方が良い
要望は募っていくばかりでした。

この中で音だけ聴いたときに最も輝いて見えたのはCHで
L1を勧められている中、C1やD1の展示処分、中古数件あり、非常に心が揺らいでいました。
特にC1はトップエンド機なのに非常に融通の利く万能製品です。
ただやはりスイス製オーディオはコスト面であまりにも心配で、その後の将来性、メンテナンス性、
新規ボードを挿しただけで30~50万コストがかかってしまうのはどうにも耐えられそうにありません。


この中でも最も信頼の置けるメーカーは……
メーカーの癖を売る方もこちらも熟知している
今のシステムとの親和性の良さ、信頼……

いつの間にかESOTERIC買う段取りになっていました。

決まってしまうとまっすぐ進むだけです。


5月の11日にF社へ見積もりを出して1週間後に見積もりが返ってきて
出てきた査定に納得いかなかったので


以前アッコルドでお世話になったN屋さんに見積もりを出したところ
やり過ぎなくらい気合いの入ったメールが返ってきて…


 半月考えた末、F社にN屋さんの見積もりを提示したところ
IさんESOTERICへ怒りのクレーム。
去年に引き続き、またしてもF社の社長がOKサインを出してくださり…


6月下旬分の在庫が確保され
7月10日無事納品されたのでした。

 どうやらP02XD02Xの生産は間に合っていなかったのか
地方への分配が少なかったのか在庫稀少状態でした。

いつもながら5月に決断してこの記事を書いているのが7月です。
プレイヤーを買い換えるだけで結構な時間がかかりました。
検討時期も加えるなら半年かかりました。


前置きが長くなりましたが、続きから搬入の様子。

2016年7月8日金曜日

アニメ化10周年 涼宮ハルヒの完奏~コンプリートサウンドトラック~ ハイレゾ のレビュー



 涼宮ハルヒの憂鬱アニメ放送から今年で10年となった、2016年7月7日、七夕の日。
実際自分がアニメ本編を見ることとなったのは放送された2006年のその翌年2007年なのだけど。

七夕になるとハルヒ関連でなにか動きがあるだろうと公式サイトを毎年のように見ていたのが懐かしい。
もはやそれも過去のことのようだけれど様々な出来事が積み重なりユーザーはハルヒ界隈を出たり入ったりうろうろしていた印象だ。
それでも、七夕が来ると条件反射的に何となくハルヒを思い出してしまうのだから罪深い作品かも知れない。


先日、けいおん!のハイレゾが解禁され懐かしさに浸っていた矢先のこと
今度は、七夕の昨日ハルヒ全楽曲がハイレゾ&BOXCD として解禁された。
第二期いや第三期ではないのかとまた肩を落としたファンは多いようであるけれど
ここ数年盛り上がってきたアニソンハイレゾのなかでも最も大きな出来事の一つである気がしている。

ハルヒという作品、巨大コンテンツがそれだけ多くのファンに愛されていたと思うし
今現在でも忘れられない作品の一つであることは間違い。

 アニメ界の内側外側でハルヒが成し遂げてしまったことがあまりにも多くここでは表現しきれないのだけど、
あの頃僕らは、アニメを見るだけでなく、ネットで感動を共有してさらにまた広めると言ったような
アニメへの関わり方が大きく変わったきっかけとなった作品だ。

しかしながらそれには大きな壁があった、
当時、光回線の普及率はまだそんなでもなかったと思うし
主な拠点となっていたYoutubeはとんでもなく画質も音も悪かった。

また00年代中盤ではあるけれど音楽のデジタル処理技術は完璧とは言えなかった。
加えてオーディオ業界ではまだCDの音が悪いというのが定説であったようだし
実際にそのCDを鳴らせるような機材の数はそうそうなかったようである。

 数々の楽曲が発表されたのだけどそのほとんどが音が悪い聞けた物ではないというのが当時の一般的な音質に対する評価だったと思う。


10年とう月日が経ち、ブロードバンド時代を超えPCの処理能力はほぼ限界に近くなり
ユーザーのオーディオ再生環境そして現場の制作環境など
いい音で聴く条件は揃いきったと言っても良いと思う。


1日だけ遅れてしまったけれど
涼宮ハルヒの完奏~コンプリートサウンドトラック~ ハイレゾverをレビューしてみようと思う。


スポンサード リンク