スポンサード リンク

2018年7月19日木曜日

ヤフオク 高級スピーカーカバー オーダーメイド 日差しからスピーカーを守る



 2年ぶりにサンセベリアを復活させて、オーディオルームに日差しを積極的に取り込みたいというお話でしたが、
木製のアッコルドは日焼けが大変気になります。

 アッコルド導入から4年が経過した現在、窓にはUVカットフィルムが貼られていますが、
去年の3月に二重ガラスのアルゴンガスが漏れ中に水蒸気が入って曇っているのに気づき
出窓の4枚ある窓の一枚はフィルム無しになりました。
 ちょうど、リフォームの話を持ち上がっており、じゃあ要らないなとフィルムの張り直しをせずに1年が経ってしまいました。

音響改良 オーディオ用観葉植物 サンセベリア を育てるぞ

 それが悪かったのか、アッコルドの裏側を中心として目に見えて焼けてきました。
以前、802Diaでも同じようなミスをしており、エンクロージャーを日焼けさせてしまったのですけど
その時ちょうど、ヤフオクで高級スピーカーカバーをオーダーメイドで販売している方がいると聴き、早速注文しました。

オーダーメイド 802Diamond専用高級スピーカーカバー

 それがちょうど4年前のアッコルドを導入したタイミングでした。
メインスピーカーがGIYAに変わってから、樹脂の塗装になって日焼けを気にしなくなり…

気がついたら、アッコルドもミニマも日焼けし始めているではありませんか。
つい先日、スピーカーカバーの話をTwitterで見つけて、そういえばと思い
4年ぶりに、スピーカーカバーを大急ぎで発注しました。


2018年7月18日水曜日

第3話 住宅展示場へいく。家はロマンの塊



 今年の4月に完成したという、住宅展示場へ行ってきました。
ハウスメーカーとしては中堅あたりでしょうか割と現実的なサイズとコストの家が五軒建と展示場の規模は小さめです。
先週、新聞の折り込みに三連休中にフェアをやる様子だったのでこの暑い中、家を見にちょっとそこまで出かけてきました。

 18時終了とのことでしたが日が陰ってきた16時過ぎに家を出て
約1時間半で五軒の家をさっくりと見学。

大方、一件15分程度ですが、説明を受けつつ写真を撮って見るだけ見てきたという感じです。
 初めての住宅見学会としてはまずまずだったのではないでしょうか。

 家をリフォームするときまってから、画像検索などで部屋のイメージはたくさんしてきましたがやはり、百聞は一見にしかず、実物を見たときの情報量というのはとてつもなく
一件あたり担当の人の話を聞きながら30分はかけて見ていかないといけないと感じました。

 これまでリフォームについて少し勉強をしてきてオーディオ目線で新築された家を見ていくと、床の材質や天井高、音の響き具合など今までだったら見逃していたようなところに様々な発見があり、今年一番有意義で楽しい外出になった気がします。


2018年7月14日土曜日

オーディオクロックの話。Antelope Isochrone 10MHz エソテリック G0s



 7月某日、F社へ家のリフォーム図案を受け取りに行くも
リフォームそのものの計画の見直しが必要となり
2時間を予定していた話し合いは40分程度で終わりました。

 アンテロープのクロックが以前から2台中古としていて出ているのを気に掛けていると
入店時に一台売れましたと社長から言われ、それなら売れてしまう前にと
そそくさと店頭からそのまま借りて持ち帰ったのでした。

ついでにアンテロープの10MHzクロックはF社に3台あり、一台は社長宅
もう一台は展示処分品でついこの間に売れたという。その残りが手元に来た。
 曰く、買値と売値の差があまりない中古なのでかなりお得だという。


2018年7月10日火曜日

音響改良 オーディオ用観葉植物 サンセベリア を育てるぞ



 この部屋の静かな名脇役「サンセベリア」の話。

オーディオを始めてから観葉植物が音響的に良い物だときいて
いつからかスピーカーの間にどっしりサンセベリアを置いていました。

しかし、アンプの爆熱に晒されてしまたせいなのか
窓ガラスにUVカット遮熱フィルムを貼ってしまったせいなのか
5年ほど土の植え替えを行っていなかったせいなのか
いつのまにかサンスベリアが枯れかけていました。

※音質の話はずっと下です。

はじめての観葉植物の手入れと育て方 (ナツメ社のGarden Books)

2018年7月5日木曜日

オーディオハウスを立てるぞい! 第2話



 ある日から唐突にはじまったオーオタ家を買うシリーズですが、
全開予告以下の内容でしたが、本日より本格的に踏み込んでいきたいと思います。


タイムライン
去年 9月22日 フォーミュージックへオーディオルームの見積もり
今年 2月19日に一回目の打合せ家のリフォームの意見回
しばらく時間が空いて
今年 4月10日に工務店の社長とF社の社長を交えて家の見学会
今年 7月5日 二回目の打合せ

 新しく家を手に入れたは良いのですが、風呂が二階にあったり
階段が超急だったり玄関ホールが異様に広かったり、無駄に大理石の床が冬寒かったりと使い勝手が
あまりによろしくないためにリフォームをしよう。いやそれしかない。

 そんなので去年の7月頃からリフォームの計画が立ち上がりました。

F社社長 「一年って経つの早いですよねー」

 この家を担当したパナホームの営業曰く、「県内ではもっとの良いパナの家を建たせて貰った自慢の家だと取り壊すのは惜しい。」とのこと。

 とりあえず、パナホームと、T社にリフォームの見積もりを出したところ
階段の位置が変えられないとか、窓の大きさや位置が変えられないとか
間取りがほとんどそのままで使い勝手があまりに悪いとか
そんなのでいつまで経っても納得いく感じに出来ずじまいで…
パナホームの見積もりは大変難航しました。

なによりパナさんはコストがかなり高くできも期待できそうになく…
YGのXVフルセットが買えるくらいでした。リフォームにしては大げさすぎます。

もう一社、T社では担当者と一緒に家の下見をしたのですがいろいろと
厳しい表情…見積もりもかなりの額になっていました。

 事前にF社 社長より、必要部分をリフォームしておいて、
オーディオルームにする区画だけ安いフローリングとクロスをとりあえず貼ってそれっぽく適当に仕上げておき、
その後にF社の工務店が乗り込んでオーディオルームに改装するという段取りでした。
 しかしこちらがあまりにも手こずっているのを見ていられなかったのか、F社の社長がオーディオルームだけではなく家を一件丸ごとリフォームするよ!とおっしゃってくださいましてようやく新しい家に向けて道筋が見えてきました。

 と、言うのもF社では毎年数件のオーディオルームの設計施工に携わっていますが、
少し前に、新築の設計を依頼されたもののあまりに大変だったのでもうやらないとのことでしたがどういう風の吹き回しか、ちょうど手持ち無沙汰だったのか、うちの全面的リフォームは社長からやりたいと名乗りを上げてくださったのです。
 しかもMAGICO Q7くらいのコストで丸々一件オーディオルームまで出来るという。

 そして、2018年の2月にリフォームの打合せを行って4月に家の見学会を開いて
梅雨のあたりで図面ができあがる予定でした。


2018年6月10日日曜日

スピーカーユニットのエッジのチューニング。白濁と硬化対策



 去年のGIYAシリーズのS2アップデートの前に一つショップに相談していたことがありました。

それが、GIYAのミッドバスユニットのエッジの白濁です。
上部二つのツイーターはS2アップデートにより新品に変わりましたが
ミッドバスもどうにも白濁が気になっていました。

ツイーターと一緒に交換出来るか問い合わせたところ
交換出来るがユニットのお値段はハイエンドスピーカーにしてはそこそこかなといった感じの値段でしたが、
どうにもGIYAは白濁するのが普通らしくステラの方で対策があるとのことでした。

2017年、某日F社のIさんを招いてGIYAのミッドバスユニットのメンテナンスです。


2018年6月8日金曜日

【おすすめ】オーディオみじんこ製 無垢材 壁コンセントベース ダブルサイズ




 とにかく体調がヤヴァイ。みかさです。
気分転換に(?)壁コンセントいじってみました。

 少し前から話題になっていたオーディオみじんこさんの木製壁コンセントプレートシリーズを導入してみました。

 2015年に、壁コンセントをパナからフルテックのGTX-Dの金メッキモデルに変えましたが、
その時にオヤイデの異型コンセントプレートを使ったのですけどそれがどうにも収まりが悪く壁コンセントが不安定な状態で交換を行ったF社のIさんも、コンセントプレートが必要だねと助言していました。

壁コンセント交換。フルテック GTX-D(G) 例のMAIN NOISE ANALYZERで効果を数値化?

 壁コンセントは、壁コンセント、コンセントプレート、コンセントベースのバランスが非常に重要かなと感じます。
 しかしながら、壁コンセントが2つ3つ並んだ大型コンセントベースというのがオーディオ市場にあまり出回っていません。
 あるとすると、カーボン製や特殊金属のかなり高額なものばかりです。
そこに颯爽とオーディオみじんこさんが、木製のコンセントベースを3種類の木材で作っているではありませんか。

 値段が割と手頃であり、オーク・チェリー・ウォルナットの三種類から選べて…
これはもう試すしかないとぽちりました。

 家の色合いと、音質を見てチェリーを買いました。


スポンサード リンク